リウマチ科(膠原病外来)

リウマチ膠原病外来について

写真:手を労るイメージ

リウマチ膠原病外来では、主に関節痛をきたす病気として、関節リウマチ、乾癬性関節炎を中⼼に、全⾝性エリテマトーデス、 シェーグレン症候群 、強⽪症、多発性筋炎、⽪膚筋炎、混合性結合組織病、抗リン脂質抗体症候群、⾎管炎症候群、成⼈スティル病、ベーチェット病、サルコイドーシスなどの疾患に対応します。
関節リウマチは、関節の炎症が持続的に続く、免疫の病気です。関節の腫れ、痛み、こわばりが主な症状で、ほおっておくと関節変形につながりますが、しっかりと診断、治療を行っていくことで現在は「進行の予防が期待できる病」となっています。

膠原病は、こちらも免疫の異常によって起こる病気で、10数種類の病気の総称になります。症状に至る場所は、頭の先から足の先まで、まさに全身に起こる可能性があり、これはひとそれぞれです。関節や筋肉の痛み、発疹、発熱、咳、腹痛、目のかすみなど、多岐にわたります。 当院では、生物製剤治療を含めた先端治療も行っております。日本リウマチ学会指導医2名とリウマチケアナースのチームで投薬、リハビリ、手術、環境調整を組み合わせたトータルケアを行っています。

よくあるリウマチ膠原病の症状
  • 手のこわばり
  • 関節痛
  • 倦怠感
  • 発熱
  • 体重減少
  • 発疹、皮疹
  • リンパ節の腫れ
  • レイノー現象(指先が白くなる)

当院のリウマチ科の治療の特徴

  1. 生物製剤やJAK阻害薬投与も可能なトータルケア施設
  2. 生活背景に応じた治療の組み合わせ(投薬、リハビリ、手術、環境調整)
  3. 合併症やへ併存症にたいする同時治療および専門医紹介

【院長コラム】最初の主治医、関節リウマチ患者

平成5年5月に医師国家試験の合格通知があり、研修医として母校の大学附属病院の整形外科として働きはじめた。

点滴や採血係からはじめて、最初に病棟医長の先輩医から主治医として受け持ちを申し渡されたのは、33歳の関節リウマチに罹患した患者だった。今でこそ関節リウマチという病気は「寛解」という症状が消失する状態に治療できる疾患であるが、当時は痛み止めとストロイド、関節が崩れてくれば手術する、それでも進行はとまらず、身体障害がすすんでいく不治の病であった。

受け持ちになった方は16歳で発症し、体中の関節がぐらぐらになっている状態であった。ずっと大学病院で治療を継続されていたのだが、最後の入院は自宅でトイレに入って前かがみになった時に骨破壊が進行していた頸椎がずれて、延髄を圧迫し呼吸が一気にとまった状態で発見され、救急搬送されたが、もちろん意識が回復するはずもなく、最後の看取りをする医師として新米研修医が選ばれたのであった。

入院して3日、私の仕事はただ点滴を交換し、人工呼吸器を観察し、モニターをみて記録をつけるだけの仕事であった。最後の日は深夜に心電図モニターのレートが徐々に伸び、心停止にいたり、当直の先輩ドクターを呼び、一緒に型どおりの心臓マッサージを施行した。関節リウマチでぼろぼろになった体は、胸郭を圧迫するたびに肋骨がパキパキと折れ、口からは血液がまじった泡がとびだしていた。二人暮らしをしていたお姉さんが到着した時には完全に心臓も停止し死亡確認したあとだった。最後の体重は30kgを切っていたと記憶している。最後の心臓マッサージで肋骨が折れる感覚は今も感触は覚えている。
それから2年後、愛媛県の松山赤十字病院のリウマチセンターで関節リウマチを診る修練をはじめて、今に至っている。

現在は関節リウマチは「なおる」病になった。リウマチの方を治療しなければいけないという、私がリウマチ治療を一生やっていく原点になっている。